感染症の世界史 石弘之著

新型コロナウイルス、coronavirus  disease (COVID-19:コビッド ナインティーン)の感染が拡大しています。”感染症の世界史 石 弘之著”は先日本屋さんで偶然みかけて購入しました。中身をチラ見したときに、(私の大好きな)ホモサピエンスの移動と感染症の関連について記述されていたからです。帯には今回のコロナウイルスの発生に関わる文言が記載されていて、便乗的な感じもしますが、本はとにかく手に取ってもらわないと読んでもらえないので仕方ないですね。平易でわかりやすい記述で一般の方にもお勧めできる内容だと思います。

関連記事

アフリカを出たホモサピエンスが運んだ感染症

ピロリ菌はどこから来た?

肝炎ウイルスと人類の旅路

ハンセン病はどこから来た?

ウイルスの大いなる旅路

いただいた一輪挿しにお花を生けました。買ったときにはなかった小さい白い花がポツポツと増えてきました。なんとなく2度楽しめて楽しめて得した感じ。

 

本書を読むと、今回の新型コロナウイルスで起きているような問題は、過去何度も繰り返されてきたことがわかります。歴史的に感染症によるパンデミック(世界的流行)は後で振り返れば、対応に関してさまざまな問題が潜んでいたことが判明します。ただ、自体が急速に悪化している真っただ中にいるときは先がよく見えません(感染症に限りませんが)。本書を読んでいて今回の新型コロナウイルス感染やリスク管理について特に思った個人的な印象を書き留めておきます。

1)これまでの対策を振り返って対応に関する問題点をあぶりだすことは大切です。でもその目的は、(火中にいる今現在は)今後(目先)の対策に利用するための資料として使うためです。当事者を非難している暇はありません。「これからどうする」ということを皆で考え、前を向くことが大切だと思います。

2)問題が起きたときに、対策(大きければ大きいほど市民生活は制限され、経済的な問題も大きくなります)を決断をしなくてはならない者(今回は政治家や感染症対策に関わる公的機関)の負担は大きいと思います。先が見えない中で判断を迫られた事柄を描いた映画はたくさんあります(ずれているかもしれませんが、例えばジョーズ。海水浴場に巨大ザメが現れたときの遊泳禁止の決断・・・観客はみんな、早く遊泳禁止にすればいいのに、と思ったはずです。自分には利害関係がないから、ある程度冷静?な判断ができる?)。

命にかかわることであれば、少し(これが難しいのですが)大きめの対応が望ましいと個人的には思います(初診で具合の悪い患者さんをみたときの医師の対応がまさにそれです)。そして、問題が過ぎ去った後で、その対応が大きすぎたかもしれないと評価された場合(予想よりも大事なく事件が過ぎ去った場合)に、過剰な対応を決断した責任者を強く責めてはいけないと思います。もし責めすぎれば、次に起きる事件に対して過小な対応がなされる危険性が出てくるかもしれないからです(地震や津波速報なども同じだと思います)。2014年のエボラ出血熱の感染爆発のとき、(国境なき医師団の警告にも関わらず)対策が後手にまわったWHO(世界保健機構)が批判されたときのことが本書に出てきます。もちろん官僚主義的な組織の問題もあったようですが、2009年の新型インフルエンザの流行に関しての失敗が2014年のエボラ感染時の過小評価に影響を与えた可能性を著者は指摘しています(WHOは警戒レベルを最高の6に設定したが、結局弱毒株で問題にならなかった。日本も2500万回分のワクチンを320億円で輸入したが、1600万回分は破棄、800万回分は90億円の違約金を払ってキャンセル)。

レゲエの神様 ボブマーリー(Bob Marley)とメラノーマ

レゲエの神様、ボブマーリー(Bob Marley)は足の親指にできたメラノーマで亡くなりました。10年前に、このブログで書きました。(ボブマーリーとメラノーマ)。ほとんど反響はありませんでしたが、昨年ある皮膚がんの会議で演者の先生が少し触れてくれました。嬉しかったので再掲します。

記事とは関係ありません。世の中が大変なことになっているので、早く春と夏が来ないかなぁ、という気持ちを込めて、去年の夏の思い出(積丹半島)。

以下は2010年5月10日の記事

今日はこどもの日。ここ何日か気温が高くて夏のようです。
でも風は気持ちいい。No, Woman, No Cry やOne loveを聞きながら、EIGO21というサイトで訳をみていたら、Bob Marley(ボブ マーリー)はメラノーマで亡くなったと書いてありました。足の趾のメラノーマで亡くなったんだそうです。てっきり脳腫瘍だとばかり思っていました。そこで、ボブ マーリー(Bob Marley)のメラノーマについてちょっと調べてみました。2回連続です(次の記事はこちら)・・・2020/3/1コメント・・・10年前と今では治療法が大きく変わりましたので、10年前の治療についての記事は不正確なところがたくさんあります。

関連記事:
星飛雄馬の恋人・美奈さんはメラノーマじゃなかった?
爪に黒い線(スジ)が入っている

まず、言い訳から。WEB上のいろいろなサイトから仕入れた情報ですので信憑性に自信がありません。間違っているところがあればコメントください。
参考にしたWEBサイト
Melanoma – Not a Respector of Persons
How and why did Bob Marley die?
ボブ・マーリーのメラノーマの経過
右足の親趾に友人たちとサッカーをしていてできた古傷があった。1977年7月に傷が治らないことに気づいた。爪の下で腫瘍が急に増大し、ダンスにも影響が出てきたので医師の診察を受け、メラノーマ(悪性黒色腫)と診断された。切断をすすめられたが、宗教上の理由で切断せず。(不確実情報だが)、そのかわりに植皮を受けた(腫瘍の上に植皮をしてもつかないので、たぶん悪い部分のみそぎ落としたのか?・・・私の想像)。1980年の夏の終わりにはメラノーマが脳や肺や胃に転移。それから1年後の1981年5月11日、ジャマイカへ帰る機上で様態が悪化し、マイアミに緊急着陸したが病院で死去。
まず、爪(爪下)のメラノーマについて
手足の裏や爪のメラノーマは白人以外に多いという説がありますが、紫外線が原因ではないメラノーマですから、人口当たりの発生数だけみれば人種差はあまりないと思います。日本人のメラノーマは手足に多いというのと同じです。
USAの白人のメラノーマの年間発生率は10万人当たり10-15人、スペイン系が3-4人、黄色人種や黒人が1-2人です。白人のメラノーマのほとんどは日光が当たる部位にできます。人種ごとの全メラノーマ発生数に爪のメラノーマの割合をかけると、だいたいどの人種でも年間100万人に1-3人程度の指趾の爪にメラノーマができる(診断される)といえます。ボブ・マーリーはすごく珍しい病気になってしまったわけです。
さて、ここからは本題へ。私の個人的な検証と意見をちょっと
1)サッカーでできた傷がメラノーマの原因だったのか?・・・可能性はあります。
傷が関係している可能性を示すデータ:
手や足の指趾のメラノーマのほとんどは親指(趾)にできる。メラノーマは手よりも足に多いが、爪のメラノーマは手の指に多い・・・つまり傷ができやすい、外傷を受けやすい部位に多い感じがする。足の裏の皮膚に出来る場合も、趾球やかかとなどの荷重部に多い感じがします。また、初診のときに患者さんにお話を聞くと、金槌で指をつぶした、物を落として爪が割れた、などの後に傷ができ、それが治らず(ジクジクしていた)逆に盛り上がってきた・・・などという経過を良く聞きます。
でも、怪我をする前に爪に黒いスジがありませんでしたか?と聞くと「そうだった」とおっしゃる方も結構います。この場合は、早期のメラノーマがあったところに外傷を受けて、急に大きくなり始めたという可能性もあります。傷を治そうとする力(指令)が癌細胞の成長(性格変化)に影響を与えたのかもしれません。

爪に黒い線(スジ)が入っている(爪は記録用紙だ!)

指の皮膚が割れて痛む・・・ポリウレタンフィルムがおすすめ

癌に対する新しいお薬がたくさん出ていますが、特に飲み薬の分子標的薬(細胞が増えるための指令(信号)を受ける受容体(スイッチみたいなもの)にくっついて信号を受けられなくしてしまうお薬)の中にはニキビや爪の周りの炎症や手指のひび割れを起こすお薬があります。(以下すべて商品名)、抗EGFRモノクローナル抗体薬のアービタックス、ベクティビックス)、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬のイレッサ、タルセバ、ジオトリフ、タグリッソ、タイケルブ、スーテント、パージェタ、マイロターグ® などです。

指先や指の関節のところの皮膚が避けるととても痛いです。そこに普通の絆創膏を貼る方が結構いますが、かえってふやけて、そのあと皮膚がただれ、さらに皮膚の割れ(亀裂)がひどくなります。(皮膚がふやけた状態は、皮膚から伸びちぢみする成分が抜けてしまったような状態になるので、その後乾燥すると皮膚が乾燥して割れます)。分子標的薬以外にも日常の炊事や水を良く扱う方の指の皮膚は割れやすくなります。いわゆるアカギレです。

おすすめは、ポリウレタンフィルムです。「防水フィルム」という名前で売っています。非常に薄いフィルムで、うれしいことにあまり蒸れません(皮膚がふやけません)。ただし水がしみだしてくるような傷にはむきません。薄い膜なので張り付けている感じもほとんどなく、快適です。ただ激しい作業をする場合は剥げてしまうことが多いです。

ドラッグストアで300円から500円、百均では110円で買えます(箱の裏にとても小さい字でポリウレタンフィルム、と書いてあります)。ロールタイプは数10㎝から2m程度あり、コスパがいいです。このフィルム材は3層からなっています。まず接着面の紙をはいで皮膚に張り、次に一番表面のフィルムをはがします。つまり中央にある1枚のフィルムが皮膚に残ります。この表面の1枚をはぎ取るのにちょっと苦労します(薄いからです)。その場合はロールタイプではなく、絆創膏タイプのものを買うと楽です(コスパは下がりますが)。

数年間指の皮膚がただれて治らない患者さんが時々きますが、絆創膏だらけの皮膚はふやけてただれ、カンジダなどのカビまでついていることがあります(蒸れているのでカビにはよい環境です)。私、個人的には”絆創膏皮膚炎”と呼んでいます。絆創膏をやめて、ワセリンなどで表面を保護してやるだけでけっこう治ります。もちろん赤みやかゆみがあれば1週間ほどステロイド軟膏の外用が必要です。

ポリウレタンフィルムは軽い擦り傷にも有用です。私はいつも常備しています(とくに旅行に行くときは。皮膚の傷以外にもちょっとした補修などにも使えますので)。

関連記事

絆創膏皮膚炎(ばんそうこうによるひふえん)

かかとが割れて痛む

この冬は札幌も雪が少なかたのですが、やはり札幌らしい冬景色になりました。最後のあがき、春近し、と思いたい。今日は2月29日、4年に一度のうるう年ですね。

 

 

2019 大晦日(3)

今年を振り返っています。

6月 皮膚科医にできること、皮膚に触らせてもらうこと、について書きました。昔書いた記事のリバイバルです。4年に一度の世界皮膚科学会で10数年ぶりにミラノに行きました。最後の晩餐、はすばらしかった。15分しか見られないという制約もよかったかもしれません。

職場の同門会総会で年に2-3回しか会わない同級生と一緒にいたタイミングで、横浜に住む共通の友人が亡くなったと奥様から連絡が入りました。ここ数年、年初に今年合うべき友人、として挙げていた友です。会えませんでした。彼の職場のそばの東京駅周辺でしょっちゅう会議をしていたのに。18歳から数年間の彼との多くの思い出がよみがえりました。経済学部出身の彼は、医者よりもっと社会的に大きく貢献できる仕事をする、と、よく言ってました。

紅白は竹内まりあの”いのちの歌”。

7月 旅行鞄などにくっついて家に持ち込むことがあるトコジラミを嘘寝作戦で退治するという論文を紹介しました。

37年ぶりに家内と函館を歩きました。トラピストもトラピスチヌもよかった。

紅白は嵐と米津さん。新しい国立競技場だ。関係ないけど、個人的には今年のNHK大河ドラマはとてもよいできだと思ったのだけれど、(いつものことだが)自分の好みと世間の好みはあまり会わなかった(視聴率の出し方が現状を反映していないのかもしれない、と信じたい)。

紅白は松任谷由実のノーサイド 「何をゴールに決めて、何を犠牲にしたの」・・・いい詩だ 結果だけを見てはいけないけど、過程は言い訳にならない、と、まだ思っていたい。

8月 アトピー性皮膚炎と汗について書きました。週末札幌にいることが決定次第、積丹でのシーカヤックを計画しました。今年は念願の神威岬先端に行けました。ソロキャンプもできて、夏をしっかり遊べたのでこれで冬も乗り切れそうだ、と思いました。義弟がこのブログのマークを新規に作ってくれました。今年は30年弱登っていたお山の診療所に行けませんでした。

紅白は松田聖子 この人もすごいなぁ 学生時代、山の中での何日か目に、松田聖子や竹内まりあやearth wind &fireの曲がラジオから流れてくると、街に帰りたくなったことを思い出した。

いつも月末ぎりぎりに記事を書いてなんとか欠落しないようにしてきたけれど、9月末にESMO(欧州臨床腫瘍学会)でバルセロナに行った帰り、トランジットのヘルシンキ空港でWifiつないだら母の危篤の報が入った。10月末に母を見送った。そして11月に医師の道を歩き始めたときの最初の指導医だった先生が逝った。

そんなさなか、新しい動きも始めました。皮膚がん患者は私が卒業した1980年代の年間5000人から、今年は6倍の3万人に増え、さらに増加しています。大学の皮膚科入院患者の6-7割は皮膚がん患者が占めるようになりました。皮膚科医は1万人いるけれど、皮膚がんを専門に扱う皮膚科医は、たぶん数百人(指導医は80余名)ぐらいしかいません。若手で皮膚がん患者を専門に診ることができる医師の育成を目的としてNPO法人(NPO法人皮膚オンコロジー若手教育機関)を作りました。11月最初の土日に大津で第1回の合宿を行いました。講師陣は旅費も自前で全国から集まってくれました。塾生の受けもよかったようですが、一番楽しかったのは私やNPO設立に走り回ってくれた京大の大塚先生や大阪国立がんセンターの爲政先生や講師陣でしょうか。

悲しいこと、うれしいことがたくさんあった1年でした。来年も何か1つ新しいことを始められたらと思います。

 

生ハム完成 今年は家内作

2019 大晦日(2)

今年1年を振りかえっています。

紅白は、椎名林檎から美空ひばり(AI)

3月 爪の水虫(爪白癬つめはくせん)は治りにくいです。でも、この数年で爪組織に浸透するタイプの薬や新しい飲み薬が出てきて、効果が上がりました。最新の状況をまとめました。

紅白は坂道合同に内村さんが参加。この人もすごいな。そしておげんさんファミリーだ。Same Thing・・・すばらしい景色だ。歌詞変えてる・・・と家内 ちょっといけない言葉は引っ込めたみたい。

4月 ダーモスコピーの本(ダーモスコピー診断アトラス)を編んだのでその紹介と眠気の来ない抗ヒスタミン剤(パイロットも飲める)について書きました。

GWの入りに美ヶ原高原に泊まりました。途中の道は樹氷に包まれていました。せっかくの長期休暇でしたが、風邪をひいてあまり遊べなかった。

紅白はたけしから石川さゆり

5月 生まれつきの黒や赤のあざ、母斑(ぼはん)と言います。この疾患(病態)に母に関する言葉を当てはめている国はもはや日本ぐらいしかない、という論文を紹介しました。ある時期ドイツから輸入した医学用語の日本語訳が残ってしまったようです。

札幌には春が来ました。今年は運動を兼ねて円山頂上までと三角山と大倉山間をよく歩きました。

2019年 大晦日(1)

8月から4カ月も更新が途絶えてしまいました。大晦日ですね。1年を振り返ります。

1月 しもやけ(凍瘡 とうそう)は普通の病気じゃない、という記事と、骨盤が立つ、という記事を書きました。シモヤケは初秋になるありふれた皮膚の症状と思われていますが、実はシェーグレン症候群や強皮症といった膠原病が隠れていることが多いと思います。子供ころにシモヤケによくなったが成長とともに治った、でも60歳以後にまたシモヤケになるようになった・・・といった病歴です。手指が赤く冷たい方は、一度皮膚科にかかってもいいと思います。内科で、”血液検査で自己抗体が陰性で他の症状がそろっていないからあなたは膠原病じゃない”と言われて、でも手が冷たくて仕方がないと受診する患者さんは珍しくありません。”診断基準”・・・何項目か当てはまれば000病という診断方法による弊害です。昨日まで3つの項目しか当てはまらなかったので000病じゃなかったが、今日4項目目の症状が出たので000病です・・という考え方は、おかしいです。3つしかなくてもつらい症状があれば生活上の指導やお薬による治療が必要ですし、項目をすべて満たしても症状が軽ければ未治療で様子をみてよいのです。診断基準の使い方(社会的保障の基準、疫学や薬剤の治療効果を評価するための基準)の理解が必要と思います。たた、膠原病を専門とする医師が足りないため、軽症の方までを十分にフォローできないという問題もあるかもしれません。

骨盤が立つ・・・の記事は、高齢者のお尻が硬く、ガサガサになって、茶色くなる症状で受診する患者さんについて書きました。背中が後ろに倒れた状態で椅子に座ると尾てい骨に体重がかかって皮膚が硬くなるのです。座り方について説明しました。

正月休みにA star is bornを見ました。邦題”スター誕生”は高校生の時にみたバーブラ・ストライサンド版がよかった(若いときに見た映画は心に強くFIXするのです)ので、”リメイク版”はどうかなぁ思ってました。家族に連れられて(仕方なく)見て、レディー・ガガが主人公であることを映画の後半で気づきました。すばらしかったです。今年1年間ずっと頭の隅で思い返していました。こんな経験は中学生のときにTVで初放映されたサウンドオブミュージック以来です。ガガのla vie en roseもよかった。マリアカラスの伝記ものをやってほしい。

紅白は、ビクトリーロードの合唱。私も、にわかラグビーファンになりました。

2月 口内炎と舌癌はなぜ白くふやけて見えるのか、という記事を書きました。口内炎は歯科に行くことが多いですが、直りが悪いときはぜひ皮膚科にかかってくださいということをお願いしました。歯肉や頬粘膜や上あごにべたーとただれがあるときは、天疱瘡(てんぽうそう)、扁平苔癬(へんぺいたいせん)を考えないといけません。2つとも皮膚科の”十八番”です。

紅白はYOSHIKIとKISSだ。高校の文化祭でKISSの仮装で4人の同級生のメイクを担当し、似ていると褒められたな。卒業アルバムで舌を出して写る彼らの写真を思い出した。メイクという仕事もいいなぁとちょっと思ったことを思い出した。そういえばその頃、所属していた写真部の部室の前には発泡スチロールで精密に模倣制作された等身大のR2-D2があった。今年42年を経てスターウオーズが完結した。来年は還暦だ。

 

アトピー性皮膚炎と汗

長い梅雨が開けて、急に気温が上がりました。連日暑い日が続いています。今年の北海道は夏が来ないまま終わるのではないだろうか、などと少し心配していましたが、そんなことはありませんでした。今回は汗の研究お第一人者である長崎大学の室田浩之先生の講演記事より。

室田先生によれば、成人のアトピー性皮膚炎患者さんは、分泌する汗の量が少なく、汗を分泌する速度が遅い、そうです。汗が出にくい理由は、1)汗の出るところが角質で埋まっているため、2)アトピー性皮膚炎の患者さんのエクリン汗腺は導管部(分泌された汗を皮膚の表面まで運ぶ管、ホース)のバリア機能の低下によって汗が皮膚内に漏れている、ことによるそうです。

汗には塩分(塩化ナトリウム、NaCl)などが含まれているので、汗をかくとピリピリする場合があるのはこの漏れた塩によって起きているのではないか、と仮説を述べておられます。

汗はアトピー性皮膚炎にはよくないことになっています。でも汗の成分の中には尿素などの保湿成分やダニ抗原などを中和する成分が含まれています。正常人の皮膚とアトピー性皮膚炎の方の皮膚では同じ汗でもおよぼす影響がことなるということでしょうか。

関連記事

急に汗が出なくなった

友禅と発汗テスト

万葉集と友禅と発汗テスト

局所多汗と塩化アルミニウム水溶液

皮膚がピリピリする

近況写真(本文とは関係ありません)

夏祭りです。短い夏を(必死に?)楽しもうとする北海道の雰囲気が好きです。

天気にめぐまれ、3年目にしてやっと神威岬突端に来れました。巨大生物がうごめくような迫力です。

ステゴザウルスの背中のようです ゴジラの出現場所としてよいのではないかと思いました

 

うそ寝作戦 トコジラミ

Visual Dermatology(学研メディカル秀潤社)という皮膚科の雑誌の今月号で夏秋優先生(兵庫医大)がトコジラミ(南京虫)について解説しておられました。

トコジラミの被害が増えているようです。夏秋先生は虫に関わる皮膚障害の第一人者で、名著「Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎」(学研メディカル秀潤社)は常にアマゾンのランキングの上位に位置しています。昆虫図鑑として楽しめるアトラスで、皮膚科医だけでなく虫が好きな方にもおすすめです。

今回は夏秋先生の論文から、トコジラミを疑うポイントと虫を見つける方法”うそ寝作戦”について。

関連記事

近況写真(本文とは関係ありません)

週末は余市の海に出かけました。今年初カヤックです。
全国的に梅雨明けですね。北海道も今年は6月からずっと天気が悪く、やっと夏が来た感じがします。

“うそ寝作戦 トコジラミ” の続きを読む

患者さんとの距離 皮膚科医にできること

昨日は医学部の学生さん向けに皮膚科の説明会を開きました。ちょっとごちそうを用意して(食べ物で釣る気はないですが精いっぱいの歓待の気持ちを示すためです)、何名かの学生さんを迎えました。少しでも皮膚科に興味を持ってくれて、もしかして皮膚科医になってくれたらいいなぁ、という気持ちで毎年開いています。全国の大学病院のほとんどすべての科で同じような企画が行われています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近況写真(本文とは関係ありません)

本文から脱線しますが、写真はミラノの続きです。借りたアパートの中庭にいた人懐っこい猫です。頬から横方向に伸びる毛並みが貫録を増しています。
ダヴィンチのブドウ畑です。ブドウの木はまだ若いのにたくさんの青い実を着けていました。土壌のDNA解析で500年前に栽培されていたブドウの種類を突き止めて復活させたそうです(帰ってきてから調べるな!、と、今自分に言いました)。このブドウの木もきっと時をきざんで貫録を付けていくのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本文に戻ります。

 

一昨日、学生さんに説明するスライドを作っていて、皮膚科医(の私)がすぐにできるけれど、忘れやすいある行為を思い出しました。臨床皮膚科. 2010年04月号 (増刊号) に書いた短い雑文を(少し改訂して)以下に書きます。ダーモスコピーという偏光レンズがついたルーペで皮膚を観察する検査があります。とても有効な検査で、ホクロかメラノーマか迷って切除して確認すること(生検)が、この検査を使う前の時代と後では(個人的には)1/10になった感じがします。つまり90%の方は良性と判断され、痛い検査をしなくて済むようになった感じがするのです。

「ダーモスコピー」臨床皮膚科. 2010年04月号 (増刊号)

ダーモスコピーの学会でよいことを聞きました。ダーモスコピー(液晶ライトがついた偏光拡大鏡)を患者さんの皮膚に当てて覗き込むという行為によって、患者さんとの距離が縮まるというのです。物理的にはあたりまえのことですが、心理的にという意味です。

“患者さんとの距離 皮膚科医にできること” の続きを読む