皮膚がんキャンプ 若手の育成

 

NPO法人皮膚オンコロジー若手教育機関

今年で4回目になります。このセミナーはスキルの習得の他に、全国から参加してくれた塾生(若い先生方)同士の横のつながりと講師陣と塾生との縦(斜め)のつながりを作ることを目的としています。つまり仲間作りです。神戸ポートピアホテルで塾生23名、WEB参加23名、講師15名で開催できました。自分の眼による皮膚がんの診断スキル(裸眼やダーモスコピー)、病理診断、手術(切除して欠損した皮膚を再検するための皮弁形成のトレーニング)、薬物療法、もっとも有効な治療法を調べる臨床試験のイロハ、薬物療法の最新情報の講義と架空症例に基づいて行う薬剤、放射線、手術の選択に関するワークショップ、がん患者さんに対するメンタル的なサポートに関するレクチャー、など、盛りだくさんで、充実した2日間を過ごせました。例年のとおり、講師陣にとっても得るところの多かったセミナーでした。また皮膚がん治療に興味と熱意をもつ若い先生方がいることがとてもうれしく、若いエネルギーをもらいました。日本中から集まってくださった先生方に感謝します。

今年は参加記念のピンバッジを作りました。皮弁でよく用いる菱形皮弁、作図のためのピオクタニンの青、皮膚がん治療に必要な5つのスキル、文字部分は読みにくくなってしまいましたが、

w/(with) patients

w/ skin tumors

です。