体があたたまるとチクチクする ブツブツがでる 汗がでない

運動したり、お風呂やシャワーを浴びたりすると皮膚がチクチクしてくる。米粒大の赤いブツブツも出る(すぐ消える)。汗も出ていないみたいで体がだるくなる。

こんな症状で皮膚科を受診する方が結構います。コリン性じんましん(汗がでるときについでにじんましんも出る、アレルギー性ではないじんましん)+後天性乏(無)汗症(こうてんせいぼう(む)かんしょう:生まれつきではなく、突然、汗がでにくくなる病気)の可能性があります。

過去の記事

急に汗が出なくなった

友禅とムラサキツユクサと発汗テスト

友禅とムラサキツユクサと発汗テストと万葉集

治療は副腎皮質ホルモン剤(いわゆるステロイド)を3日間点滴する(パルス療法などと呼んでます)と戻る方がいます。私の経験では100%戻る方は少ないですが、症状はよくなります。ただ、数ヶ月たつと(個人差があります)、まただんだん出にくくなる方が結構います。ステロイドの注射を繰り返すこともあります。

汗を出させるように負荷をかける方法が結構効果がある印象があります。チクチクしたり、だるくなるのはつらいですが、1日ごとにシャワーを浴びる時間を少しずつ増やしていくのです。ただ、体があたたまったときに、まぶたやくちびるや顔が腫れたり、息苦しくなる場合は(呼吸困難になったりする可能性があって)危険ですので必ず先生の指導のもとに行ってください。

日記をつけていただくと、だんだんシャワーやお風呂に浸かれる時間が延びていくようになります(個人差があります)。汗を出す機能(発汗機能)を促すのです。汗が出始めても、負荷をやめてしまうと元にもどってしまうかもしれません。適度に汗をかくような刺激(軽い運動、散歩、お風呂、シャワーなど)を続ける必要があると思っています。

とても真面目にエクセルファイルにシャワー時間と症状の程度を書き込んだものをもってきてくれた患者さんもいます。褒めたら、実はお父さんがファイルを作ってくれたんだそうです。いいなぁ。優しいお父さんで・・・と思いました。

コロナ(COVID-19)下での在宅で体を動かす機会が減っています。この1年で患者さんが増えているのかわかりませんが、今の状況を理由にあげる患者さんもいます。今はたしかに汗をかきにくい状況です。汗をかく(発汗)力も、やはり日頃?の負荷がある程度必要なのでしょうか?

論文にしました。(試した患者さんが少ないので本当によい方法かまだ不明です。皮膚科の先生のなかには?に思われる方もいると思います。ぜひお近くの皮膚科の先生に相談してください。なお、顔やまぶたや唇が腫れる方への効果は(試した人数も少ないのですが)あまりありませんでした。)

Regular sweating activities for the treatment of cholinergic urticaria with or without acquired idiopathic generalized anhidrosis

Dermatologic therapy e13647 2020年5月22日

Abstract
Cholinergic urticaria (CholU) decreases affected individuals’ quality of life because they must avoid stimuli including exercise and hot bathing. Although case reports have indicated that regular sweating activities are effective for CholU with hypohidrosis, little evidence is available. This retrospective medical record review examined CholU patients who received any form of treatment at our hospital. Twenty‐seven cases (78% men; median age 22 years, range 12‐70 years) were analyzed. Fourteen (52%) patients had acquired idiopathic generalized anhidrosis (AIGA). Among the 12 patients receiving sweating therapy (4 with, 8 without AIGA), improvement of symptoms was confirmed in 11 (92%; sweating therapy alone: n = 5, with H1 blocker: n = 5, with steroid pulse: n = 1) including 8 (67%) showing complete response (CR). In this sweating‐therapy group, CR was achieved by six of the eight (75%) patients without AIGA and two of the four (50%) patients with AIGA. Among the 15 patients without sweating therapy, symptom improvement was observed in 9 (60%; steroid pulse: n = 7, H1 blocker: n = 2) including 1 (7%) achieving CR. Sweating therapy was safely undertaken except in one case in which the patient showed angioedema and anaphylaxis. Regular sweating activities could be a potential therapeutic option for CholU patients.

*(本記事とは関係ありません) 今日悲しい知らせが届きました。皮膚科学への世界的かつ歴史的な貢献と、たくさんの後進を育て上げた先生の偉大な功績に敬服し、ご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。

自分を釣っちゃったお話

昔、私の故郷には小学校に寒中休みというのがありました。2月の1週目ぐらいに数日間休みになります。私の子供の頃は農繁休暇というのも秋にありました。家業(農家)の収穫を子供が手伝えるようにしたしくみです(たぶん)。確か明治に義務教育制度を作ったとき、労働力である子供を学校には行かせなかったので最初はうまくいかなかった、というような失敗例があったと教わった記憶がある。そんなことに配慮した制度だろうか?(少し思い出した。たしか家業を手伝うという教育的な目的があったかもしれません。先生たちのもくろみはいつも美しいです。でも時代的に家業というのが廃れ始め、親父は毎朝どこか?に出かけていくという状況が増えて、消滅しっちゃったんでしょうか)。夏休みがあるなら寒中休みがあってもいいのだが、個人的には自分の夏休み前に田舎にやってきて、自分の夏休みが終わっても東京に帰らずに夏を楽しんでいる東京のいとこがうらやましかった。中途半端な寒中休みをなくして夏休みにくっつけてほしいと思っていた。

さすがに寒中休みは20年前になくなったが、なくなる前は普段激混みのテーマパークなどに故郷のナンバーをつけた車がひしめいた。我が故郷に特化?した休みなので平日は家族で休みがとれればオフシーズンでもあり、ホテルもツアー料金も格安である。

寒中休みの制度がなくなる直前の20年前に1年で最も安い価格でグアムに行った(安いのはいいが、人があまりいないリゾートは寒々しくて、なんとなくどうかなと思った)。せっかくだから釣もと思って自作の毛針も持って行った。そこで息子が自分を釣ってしまったのである。普通はバーブレス(返しのない針)しか使わないのだが、なぜか運悪く自分を釣った針には返し(かかった魚から針が抜けないように先端がV字なっている針)が残っていた。針をちょっとだけさらにグッと押し込んで先端を皮膚から出し、先の返し部分を爪切りで切れば簡単に抜ける・・・と息子に提案したが同意をえられなかった(そうだよな)。

ホテルの手配で病院に向かった。世話をしてくれたグアム在住の女性は「この前は1日に2回もこんなにぶっといカジキ用の針を刺して病院に行った日本の社長さんがいたわ」などと慰め?てくれた。

病院では医師が息子に向かって「局所麻酔が必要なんだ。ちょっと痛むけど、どうする?」「大丈夫です。早くやってください」、と、説明同意がすみやかに行われた。局所麻酔は問題なく終了した。しかし、医師は、なぜかそこで額にしわを寄せて考え込むようなそぶりをした。「この毛針は君が作ったのか?」「そうです」「うーん、問題がある。針の先端を切らなければいけないので、この毛針は使えなくなってしまう。それでもいいか?」息子(と私)は一瞬「何を言ってるんだ、この状況で・・・」と思ったが直ちに大きく頷いた。あっという間に針は除去された。医師はニコッと笑って褒めてくれた。私もなんか父らしいことを言おうと思い「今回のことで釣りをきらいにならないでほしい」と息子に言いました(情けないです)。(多分に脚色されています。ごめん、息子)(釣りは続けてくれています。関連記事(パイロットが飲める抗ヒスタミン剤、鱒で酒蒸し

でも、感動したんですね。子供に対しても大人と同じように誠意とユーモアをもって接する先生の姿に。息子はかわいそうな思いをしましたが、私はとても勉強になりました。

そんな昔のことを思い出した動画です。