手の皮がむける(2)

手の皮がむける(2)
手の皮がむける(1)の参照が多いので、追加記事を書きます。
手の皮がむける場合で、水虫(ミズムシ、みずむし、白癬、はくせん)やかぶれ(接触皮膚炎、せっしょくひふえん)を疑うのは次のような症状の時です。

“手の皮がむける(2)” の続きを読む

30歳以後、両頬(ほほ)の茶色いしみが広がってきた

30歳以後、両頬(ほほ)の茶色いしみが広がってきた
30歳を過ぎたあたりから、両頬(ほっぺた)にしみが出て、だんだん目立つようになってきた。
考える病名は2つ・・・肝斑(かんぱん)と後天性両側性太田母斑様色素斑(こうてんせいりょうそくせいおおたばはんようしきそはん・・・長い!)・・・治療法が全く違います。見分け方は?

“30歳以後、両頬(ほほ)の茶色いしみが広がってきた” の続きを読む

蜂(ハチ)に刺された!!さて、どうする?

蜂(ハチ)に刺された!!
今週に入り、ハチに刺されて来院する方が急増しています。毎日3-4人は受診されます。
さて、ハチに刺されたらどうしたらよいのでしょう?
関連記事:蜂のアレルギーの検査は?(蜂アレルギー2012年版)

“蜂(ハチ)に刺された!!さて、どうする?” の続きを読む

小さなイボのある右手・・・・泣けた

小さなイボのある右手・・・・泣けた
ずっと前にBook offの100円コーナーで手に入れた山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んでいます。日本航空(本では国民航空)を題材にした小説です。
3巻は御巣鷹山(1985年8月12日のJAL墜落事故)編です。
遺体確認がきわめて困難な状況の中で、母親が遺体安置所の棺の列を探し回り、やっとイボのある小さな右手を見つけました。甲子園でPLを応援するためにJAK123便に乗せ、悲劇にあったわが子の遺体です。右手以外の部位は発見できませんでした・・・・

“小さなイボのある右手・・・・泣けた” の続きを読む

子供の肛門のまわりが赤くなって、痛がる

子供の肛門のまわりが赤くなって、痛がる
赤ちゃんや幼稚園児までの小さい子供の肛門のまわりが真っ赤になって、でも少し便などにかぶれたのかな、という程度なのに、やたらに痛がる・・・・よくある病気ではありませんが、きちんとした治療が必要です。皮膚科を受診してください。専門医でないと診断ができないかもしれません。
肛囲溶連菌性皮膚炎(こういようれんきんせいひふえん):レンサ球菌というばい菌による皮膚病です。

“子供の肛門のまわりが赤くなって、痛がる” の続きを読む

最近、肩や両わき腹が黒ずんできた

最近、肩や両わき腹が黒ずんできた
両肩から背中の上の方(首の後ろから背中にかけて)や両わき腹の肋骨が触れるところが黒ずんできた。
斑状アミロイドーシス・・・名前はおどろおどろしいいが、大した病ではありません。 アカスリしてませんか?

“最近、肩や両わき腹が黒ずんできた” の続きを読む