外用剤の塗り方:すりこんだ方がいいの?

薬の塗り方:すりこんだ方がいいの?
診療の最後に、薬の塗り方を説明します。私の説明に対して患者さんが意外な顔をされることが多いの事柄があります。以下です。
すりこんだ方がいいのか?
何回もぬった方が効くのか?
手荒れの場合は手を洗った後には、薬は塗りなおした方がいいのか。
皮膚をきれいにしてから(前に塗った薬を落としてから)塗った方がいいのか?

“外用剤の塗り方:すりこんだ方がいいの?”の続きを読む

皮膚科にかかる前に

このブログの2番目の記事で触れました。「皮膚科にかかる前に
皮膚科に行こうと思ったときに、ちょっと読んでもらえるとありがたい皮膚科受診前の準備についてです。
今使っている(あるいは過去に使った)塗り薬(ぬりぐすり)を持ってきてもらえるとありがたいのです。

“皮膚科にかかる前に”の続きを読む

風邪(カゼ)をひくとくちびる(あるいは陰部)に痛いものが・・・本当にヘルペス?

風邪(カゼ)をひくと口唇(くちびる)(あるいは陰部、亀頭)に痛いものが・・・本当にヘルペス?
風邪(カゼ)をひいたり、紫外線に強く当たったりした後に、くちびるの一部がヒリヒリ痛くなり、小さな水疱ができる・・・単純ヘルペスです。
でも、ヘルペスではなくて、特殊な薬剤アレルギーである場合があります。固定薬疹(こていやくしん)です。

“風邪(カゼ)をひくとくちびる(あるいは陰部)に痛いものが・・・本当にヘルペス?”の続きを読む

きのこと皮膚病

きのこと皮膚病
9月に入り、マツタケが出回りはじめました。家の近所の国道沿いでは、毎年この時期になると地物のきのこを売る「季節限定きのこ販売所」が開店します。昨日、さっそくお店に寄ってきました。マツタケとなめこのみでした。「今年はどうかな?」と聞いたら、「夏が暑かったから床が心配だ」と言ってました。私、雑きのこが大好きです。ただ自分で取って食べられるのは「いぐち系」のみです。他のきのこは自分が信用できないので取りません、食べません。季節限定きのこ販売所の片隅に置かれた見たことのないようなきのこばかりを買ってきて食べています。今回は季節の話題・・・きのこによって起こる皮膚病です。

“きのこと皮膚病”の続きを読む

口のまわりとほっぺたのヒリヒリする赤み:薬を塗るとよくなるのに、止めるとまた出てきちゃう。

口のまわりとほっぺたのヒリヒリする赤み:薬を塗るとよくなるのに、止めるとまた出てきちゃう。
30歳過ぎの女性。
病院の皮膚科か皮膚科医院から処方された塗り薬を使用している。
症状が出てから2-3ヶ月以上になる。
頬と口の周りにニキビ様のポツポツとカサカサと赤みがあり、ヒリヒリする。
薬をつけるとすぐ良くなる。
皮膚科を何件か回った。
・・・・いくつか当てはまる場合は酒さ様皮膚炎:しゅさようひふえん(別名:口囲皮膚炎:こういひふえん)を疑いましょう。ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)外用剤の副作用です。
関連記事:
酒さ様皮膚炎2
酒さ(顔がほてる)

“口のまわりとほっぺたのヒリヒリする赤み:薬を塗るとよくなるのに、止めるとまた出てきちゃう。”の続きを読む

痛い皮膚腫瘍(皮膚にできたしこりが痛い)

痛い皮膚腫瘍(皮膚にできたしこりが痛い)
おでき(せつ)や化膿性粉瘤(かのうせいふんりゅう)などのように、細菌が感染すると痛くなるのは当然ですが、赤みが全くないのに痛みを伴う小型の皮膚の腫瘍(できもの、しこり)が何種類かあります。

“痛い皮膚腫瘍(皮膚にできたしこりが痛い)”の続きを読む