ウイルスの大いなる旅路

昨日まで、皮膚の悪性腫瘍(癌や肉腫や悪性リンパ腫)を専門にする学会に行ってきました。成人T細胞性白血病・リンパ腫という病気についてのセッションもありました。
さて、この病気はHTLV-1というウイルスで起こりますが、このウイルスを持っている方の地域分布に特徴があるのです。今回はウイルス保持者の分布からわかった人類の大いなる旅路について。
関連記事
縄文人が持ってきたもの
弥生人が持ってきたもの
hatuitigo
初イチゴ

“ウイルスの大いなる旅路”の続きを読む

痛い皮膚病

皮膚科を受診する患者さんの症状のほとんどは「かゆい」ですが、「痛い」というのも結構あります。
これまでの記事から「痛い皮膚病」をまとめてみました。
痛い発疹、かゆい発疹
痛い皮膚腫瘍
風邪をひくと唇や陰部に痛いできものが。本当にヘルペス?
帯状疱疹の痛みはいつまで続くの?
鼻の頭が痛い
手足が熱い、痛い
指先の皮膚が割れて痛い
おへそのまわりが赤くなって痛む 水や膿がでてきた
爪のまわりが腫れて痛い
すねが赤く腫れた 痛い
毒グモにかまれた
蜂に刺された
苔
山の倒木に生えていた苔

ヘナでショック? 毛染めでショック?

前の記事の続きです。
毛染め、特に酸化染毛剤・・・一般的に良く売られているもの(ヘアカラー)・・・パラフェニレンジアミンやパラアミノフェノールを含むもの・・・がよくかぶれるという話を前回書きました。
ただ、かゆいだけなら時間がたてば治りますが、我慢して使っているうちにアナフィラキシーショック(蜂のショックと同じです)をおこす危険性があります。実際に死亡例が報告されています。私の同僚も普通の毛染めでかぶれるので、ヘナで染めたところショックをおこした患者さんがいたことを報告してます。

“ヘナでショック? 毛染めでショック?”の続きを読む

毛染めでかぶれた

顔に突然かゆい皮疹ができて来院された患者さんに、必ずお聞きするのは毛を染めた日付です。
かぶれ(接触皮膚炎:せっしょくひふえん)の原因としては、ウルシが有名ですが、皮膚科医の中では毛染め剤(染毛剤、ヘアカラー、ヘアダイ)も原因のトップ5に入るのではないでしょうか。
関連記事:
化粧品によるかぶれ:原因ランキング
かゆい皮膚病(かぶれ関係の記事いろいろ)
今回は、普通の毛染めでかぶれてしまう方向けの染毛剤について

久しぶりに川遊びです

“毛染めでかぶれた”の続きを読む

顔がほてる 赤ら顔が気になる

中高年以上の女性で、寒いところから暖かい部屋に入ったときなどに顔がほてって、赤ら顔になる。
だんだん赤みが引かなくなり、頬やおでこがずっと赤いままになってしまった。
酒さ(酒皶、しゅさ、Rosacea、ロゼイショ)の軽いタイプかもしれません。
酒さは特に原因がはっきりしない場合の病名です。
なお、酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)は字のごとく、”様”がついていますので、長い間ステロイドの塗り薬を使ったときの副作用で出る症状です。酒さとは違う病気です。
今回は酒さの治療(塗り薬や飲み薬を中心に)についてまとめてみます(米国の医師向け電子教科書UpToDateから)。
関連記事
最新記事 酒さ様皮膚炎(顔につけている化粧品も石鹸もすべてやめましょう)
口のまわりとほっぺたのヒリヒリする赤み
ディフェリンゲルについて
ニキビは何歳まででるの?
niwadebi-ru

“顔がほてる 赤ら顔が気になる”の続きを読む