手足に膿疱(のうほう)がたくさんできた

手足に膿疱(のうほう)がたくさんできた

手の平や足の裏に小さい膿(うみ)がたくさんできてきた。

考える病気は次の4つ・・・・

関連記事:手の平に水疱がたくさんできた

手足に膿疱(のうほう)がたくさんできた

手の平や足の裏に小さい膿(うみ)がたくさんできてきた。

考える病気は次の4つ・・・・

1)みずむし(白癬)・・・・・治療はカビの薬

2)異汗症(いかんしょう)、異汗性湿疹(いかんせいしっしん)・・・・治療はステロイド外用剤+金属アレルギーの検査(異汗症、異汗性湿疹では膿はあまりできません。むしろ水疱や細かい皮ムケです)

3)掌せき膿疱症(しょうせきのうほうしょう)・・・禁煙、金属アレルギーの検査、ヘントウ炎や歯の検査、ステロイドやビタミンDの外用剤、紫外線療法、ビオチン?

4)幼児、小児の疥癬(かいせん)・・・・ダニの薬

 頻度は(季節で多少異なりますが)、みずむしは65%、異汗性湿疹30%、掌せき膿疱症5%、疥癬0.1%以下・・・という感じでしょうか(この数字は感覚的なもので、統計的に検討した値ではありません)。

*1-4を区別(鑑別:かんべつ)する方法は顕微鏡検査です。1-2分でわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です