まぶた(目のまわり)がかゆい・・・かゆい皮膚病

ゴールデンウイーク真っ最中です。
花粉症の予防のため2月から使用していたマスクをやっとはずすことができました。
4月末に一度やめてみたところ、くしゃみが連発したので再開していたのです。
ちょっと季節外れになってしまいましたが、スギ花粉と皮膚炎のお話です。
スギ花粉で起きる皮膚炎の特徴は?
浅井俊弥先生、皮膚病診療28,142、2006より。


スギ花粉による皮膚炎の特徴
・好発時期:1-5月で年間の75%・・・春に多い(予想通り)
・男女比: 1:6(30歳以上で1:12)・・・女性に多い
・花粉症の合併率: 46%(20歳以下33%)・・・半分は皮膚症状しかない。
・アトピー性皮膚炎合併率: 19%・・・多いのか、少ないのか?
・部位
眼瞼(がんけん:まぶた)のみ: 34%
眼瞼+他の皮膚にも皮疹あり: 76%
   ・・・・まぶたにしか皮疹が出ない方が3割いる。
       上眼瞼(うわまぶた)のみ: 47%
下眼瞼(したまぶた)のみ: 19%
両方:                34%
          ・・・・上のまぶたによくできるようです。
まとめると・・・
       
花粉症の時期に、
花粉症がなくても、
上のまぶたがかゆく、赤くなったときは、
スギ花粉による皮膚炎を疑ってみたほうがいいようです。

でも、女性に多いのはなぜなんだろう。
季節に関係なく、マブタや顔にかゆい皮疹ができたり引っ込んだりして受診される患者さんのほとんどは女性です。1-2cmの小型で円形、赤い皮疹です。かぶれの原因を調べてもなかなかわかりません。
石鹸を用いた洗浄行為にあるのではないかと考えている先生がいます。私も同感です。顔の治りにくい皮膚炎で来院される患者さんの中に、明らかに洗いすぎ(スポンジや布を用いて)ているような方がいます。なるべく洗わないように我慢していただくようお話して(実際に行うことはが難しいですが)、治った方が何人もいます。サッパリ、スッキリ洗うのは、皮膚のバリアを壊してしまう危険性が高いかもしれません。
関連記事:皮膚が乾燥してカサカサする(垢は大切)
・・・というお話を中学校の先生向けにお話したところ、「子供が風呂に入るのを嫌がるのは本姓なんでしょうか?」と聞かれました。うーん、難しいな。私の場合は、ゴールデンアワーにやっているTV番組を見逃したくなかったのが、理由でした。
まぶたがかゆい2(原因について)

「まぶた(目のまわり)がかゆい・・・かゆい皮膚病」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です