首やわきの下にブツブツしたイボがたくさんできてきた

首のまわりに薄茶で根元がくびれた3-5mm大のやわらかいできものがたくさんできて、いつの間にか増えてきた。1mmぐらいの小さいものもたくさんある。
軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)、アクロコルドン、Soft fibroma(そふとふぁいぶろーま)などと呼びます。悪いものではありません。原因もよくわかっていません。かゆくも痛くもありませんが、ときどきひっかかったり、場合によってはちぎれて血がでたりすることがあります。基本的には治療は不要ですが、美容的あるいはうっとうしい場合は取ります。
関連記事:ミズイボはいくつになったらできなくなるの?
kaeru


教科書的には、液体窒素、レーザー、電気で焼く・・・などと書かれていますが、おすすめはハサミでイボの首の根元をチョッキンと切る方法です。麻酔しません。あまり痛くありません(液体窒素よりは)。血もあまり出ません。後もほとんど残りません。ただし、首のある(根元がくびれた)少し大きめのイボが適応です。1-2mmで小さくてわずかに盛りあがっている程度のものは、ハサミ以外の方法になります。また、1個だけ、1cm以上の大型のものが、腹などにできることがあります。これも大きすぎるので、ハサミでチョッキンは無理(痛い、血が出る)かもしれません。いずれにせよ治療は紫外線の強い今の時期を避けたほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です