蕁麻疹はどれくらいの期間続くのか

じんましん(ジンマシン、蕁麻疹)
いきなりかゆい皮疹、発疹が体中にできる。痒くてたまらない。ひっかいているうちにブクブクに腫れあがる。いわゆるミミズバレというやつですね。ひどい場合は救急病院に駆け込み、お薬をもらったり、注射をしてもらったりする。一旦夜中に消えることも多いが、翌日また出る。今度は昼間に皮膚科にかかってお薬をもらうことになる。
今回は、どのくらいの期間お薬を飲めばいいのか?について。
関連記事
皮膚に字が書ける(1)、  (2)
家族がみんな同じものを食べたのに、なぜ私だけ?
食物アレルギー、原因ランキング(1)、  (2)、  (3)
我唯


幸野 健先生(皮膚アレルギーフロンティア75(3)、p70,2007)より
蕁麻疹(じんましん、ジンマシン)は、本当によくある病気です。また、突然でき、急速に悪化しますので、恐怖感を覚えて夜間の救急に飛び込む患者さんも結構います。ジンマシンは一度消えても、翌日また出る、また消える、また出る・・ということを繰り返す病気です。原因が何なのか?とても不安になる病気でもあります。治療は飲み薬です。塗り薬は効きません。
いったい、ジンマシンはどのくらい続くのか?どのくらいの期間薬を飲んだらよいのか?
よくある病気についての、こういう素朴な疑問に答えるための研究というのは少ないのです。
幸野先生の論文から・・・
外来患者172名 蕁麻疹が出てから7日以内に皮膚科を受診し、何らかのお薬を出した患者さんについて、どのくらいの期間で治るかを調べた調査結果
3日以内:48%
1週間以内:69%
2週間以内:86%
30日以内:92%
55日以内:94%
3ヶ月以内:96%
1年以上続いた患者:4%
・・・・ということで、2-3週間はかかりそうです。1ヶ月超えると、なかなか治りにくくなるということもわかります。
それでは、どのくらいの期間薬を飲み続けたたらよいのか。薬を飲み始めてから皮疹がでなければ、2-3週間で一度やめてみてもよいのか?・・・・次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です