日焼け止めの選び方

熱いです。いや暑いです。今朝も快晴です。山の端に顔を出した朝日に「今日も頑張るぞ」という意気込みを感じます。
ところで、ネタがありません。そこで久しぶりにサンスクリーン剤(日焼け止め)についてネット検索をしてみました。
関連用語:SPF値(sun protection factor、UVB防御指数):紫外線で日焼けをおこすまでの浴びた時間を何倍に引き延ばすことができるかを表したもの
関連記事:
日焼け止めの塗る量と効果
黒い服のほうが白い服より紫外線防御効果が高いか?
おすすめのサンスクリーン剤(日焼け止め)
肌の色は黒いほうがよいのか、白いほうがよいのか?
kakigoori
草取り 一休み
yuri
先日の同窓会の宿泊特典でいただいたユリが咲きました(一昨日の大雨で散りました)


(ちょっとえらそうですが)最近の検索エンジンの性能(性質?)チェックを兼ねて「サンスクリーン剤」でgoogleとYahooで検索してみました。両者ともWikipediaがトップでヒットします。2位以下は多少違いがありますが、気になるような記述のサイトは上位にはないようです。昔とずいぶん変わりました。数年前は商業系の?なサイトと?な広告がたくさん出ていた印象があります。日本皮膚科学会の一般の方向けQ&AはYahooではトップ10に2個入っていました。googleでは31番目。なんと29番目に「うはら皮膚科」がヒットしているではないですか。これまで訪問いだたいた皆さまに感謝します。
次に「日焼け止め」で検索。Wikipediaが3番目に入っていますが、そのほかのサイトは「サンスクリーン剤」で検索したときとかなり違うものがヒットしてきます。東京都衛生局の説明サイトなどもありますが、商品のCMのみのサイトも多いようです。日本皮膚科学会のサイトなどは100番以内にも入っていません。公的なサイトが特によいという意味ではありませんが、公的機関や専門家が一般の方向けに説明を行う場合は「言葉」に気ををつけないと読んでもらえない(見つけ出してもらえない)ということを実感させられます。

“日焼け止めの選び方” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です