急に汗が出なくなった

汗がいきなり出なく(出にくく)なる方がいます。
今までなんともなかったのに、いつものランニングをしていると体がだるくなる、なんか汗が出ていないみたいだ。
お風呂やシャワーで体がだるくなる。ひどい場合は少し歩くだけで具合が悪くなる。体温が上がると体に赤いポツポツ(かゆかったりする)が出ることがある。学校や職場に行けない。じっとしていればなんともないので、周りからの受けが悪くなる。お医者さんで膠原病(シェーグレン症候群)や甲状腺の病気の検査をしても、異常はない。単純な登校拒否とまちがえられることがある。特発性(とくはつせい:原因?という意味)の無汗症(むかんしょう)かもしれません。汗をかくと出る特殊なジンマシンであるコリン性蕁麻疹(じんましん)というのをともなっていることがあります。
早めに皮膚科にかかってください。症状が出たばかりであれば、副腎皮質ホルモンの大量3日間投与(パルス療法)で治る(改善する)可能性があります。
汗が出にくい(出ない)患者さんには発汗テストを行います。本当に出ないのか、全身に出ないのか、部分的に出ないのかを調べるためです。ちょっと面白い方法を見つけました。
加賀友禅と発汗テスト(1)
加賀友禅と発汗テスト(2)
sm salmon 2012Feb
残り少なくなってきたスモークサーモン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です