2021年大晦日4

紅白を見ながら1年を振り返っています。

宮本さんの夜明けの歌、いいです。乃木坂46最後。

9月は2年前から準備していた学術会議を開催できました。コロナ禍がこんなに長引くとは思わず、かつ緊急事態宣言下という最悪の状況での開催になりました。完全WEBにするか会場をに人を入れるハイブリッドにするかずいぶん悩みました。そんなとき、木村弓さんが札幌に起こしいただけることが決まり、会場が関係者だけになってもいいのでハイブリッドで開催することを決断しました。200名の先生に現地に起こしいただけました。

2021年9月の記事

紅白は北酒場 細川さんも大泉さん いんでないかい

夜桜お七・・・きれいだなぁ

藤井風・・きらり 自宅から 膝に乗せたキーボードで いい

えー 会場に来た

10月

7年ぶりに改訂したダーモスコピーの本が出版されました。師匠の齋田先生のお手伝いをした書籍です。

ダーモスコピーのすべて(第2版)

9月の学会にお呼びした木村弓さんがご自身のHPでコンサートのことを紹介してくださいました。木村さんの演奏は心に滲みました。やはりリアルはいいです。ご主人の中川さんは多くのCMソングを作曲されていて、黒ウーロン茶や骨髄バンクの曲などを披露してくれました。

木村弓さんのHP

紅白はめ組のひと、から星野源。

10月末には2年ぶりに道外の学会に出席しました。宮崎の学会では若い頃から手本にしてきたレジェンドの講演の座長に呼んでいただきました。リアルにお話が聞けて感動しました。

11月

学会で2年ぶりに東京に行きました。羽田空港も会場の京王プラザも久しぶりの感じはなく、それがかえってこの2年間の記憶のふわふわ感が実感されました。リアルに知り合いと話せる喜びを感じました。11月中旬には40年ぶりに学会で奈良に行きました。東大寺も春日大社もよかった。

紅白はBUMP OF CHICKEN

12月

年々年末感は薄れているのですが、今年も皮膚がん診療に興味をもつ若手皮膚科医を増やしたいという試みで3年前に始めた合宿を12月25-26日に大津で開催しました。クリスマスしか日程が空いていなかったのですが20名の塾生と同数の皮膚がんのエキスパートが講師として全国から馳せ参じてくれました。教える側として参加するのですが、いつも教えられることの方が多いセミナーです。忙しい診療の合間をぬって集まってくれた先生方に感謝感謝です。来年もやります。

NPO法人皮膚オンコロジー若手教育機関

紅白はさだまさしの道化師のソネット

東京事変・・・かっこいいなぁ

薬師丸ひろ子・・・背景の映像がすごい

石川さゆりの前座にKREVAとMIYABIだ 贅沢だなぁ 背景の墨絵もすごい

布袋さん いい 福山さん 道標

ミーシャ 明日へ から Higher love 藤井さんと 贅沢だなぁ

また来年

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です