痛い発疹、かゆい発疹

痛い発疹、かゆい発疹

皮膚に何か発疹(ほっしん、はっしん)ができたときは、痒さ(かゆさ)や痛さをともなったり、あるいは全くかゆみも痛みもなかったり、様々です。

今日のテーマは、全身にぷつぷつと赤い発疹ができたときに、痒みがなく痛み(ピリピリ感)が主体の時と、むしろ痒みが強い時では、何か違いがあるのか?ということです。(ただし、帯状疱疹のように、ウイルスが明らかに神経を攻撃して痛みが発生しているような場合を除きます。また、いつもながら、非常に大雑把な問いと説明であり、正確さに大きく欠ける部分があることをご了承ください。私自身の考え・・・程度にとらえていただけると安心です)。

いきなり答え:違うのです。


関連記事:虫刺され

痛い発疹、かゆい発疹

皮膚に何か発疹(ほっしん、はっしん)ができたときは、痒さ(かゆさ)や痛さをともなったり、あるいは全くかゆみも痛みもなかったり、様々です。

今日のテーマは、全身にぷつぷつと赤い発疹ができたときに、痒みがなく痛み(ピリピリ感)が主体の時と、むしろ痒みが強い時では、何か違いがあるのか?ということです。

いきなり答え:違うのです。

湿疹、かぶれ、などの皮膚病は強い痒みを伴います。リンパ球から炎症を起こす液性物質(サイトカイン)が出て、細胞の周囲に水がたまります(浮腫:ふしゅ)。外から見ると少しむくんだような水っぽい赤い皮疹や、これが進行すると小さい水ぶくれ→破れてじくじく→カサブタ・・・つまりかぶれの時の症状、湿疹病変になります(いつもながら説明が簡略すぎて、他の先生に怒られそうですが)。細胞の周囲にむくみは起こりますが、細胞自体はあまり障害を受けません(痒くてこすって皮膚が痛んだり、虫刺されなどによって非常に強い変化が起きた場合を除きます)。つまり、痒みが強いときには、細胞の死、つまり命に関わることは稀です(たぶん)。

では、痒みはなく、ピリピリ感、熱い(灼熱感:しゃくねつかん)、などの症状が強い場合はどうか?

この場合は、ある種のリンパ球自体が皮膚を攻撃します。攻撃によって、表皮細胞自体が死んだり、表皮と真皮がはがれてしまったりします。このような状態をとる病気は、膠原病(エリテマトーデスや皮膚筋炎・多発筋炎など)、GVHD(ジーブイエッチディー、血液の病気などで他人の骨髄細胞を移植した後におきる移植細胞による自分への攻撃)、重症薬疹、固定薬疹(こていやくしん)、多形紅斑(たけいこうはん)、スティーブンス・ジョンソン症候群(粘膜皮膚目症候群:ねんまくひふめしょうこうぐん)・・・などがあります。みんな、自分の、あるいは他人からもらった血液細胞によって皮膚が攻撃を受けた状態です。

また、上の病気とは機序が異なりますが赤ちゃんや幼児に起きるブドウ球菌感染症であるSSSSや溶連菌感染で起きる恐ろしい感染症であるトキシックショック様症候群(TSLS)も全身の皮膚が赤くなって、日焼けのときのようにヒリヒリした痛みを訴えます。
これらの痛い病気のほとんどは、診断や治療上注意が必要です。命に関わる場合があるからです。したがって、ピリピリと痛い場合は気をつけるようにしています。

「かゆくて、かゆくて、どーしようもない」という訴えは、(患者さんにとっては、かなり苦痛であることに変わりはありませんが)私にとっては少しゆっくりと考える余裕が少し持てる訴えです。

「痛い発疹、かゆい発疹」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私は多形紅斑と診断
    されました[e:320]
    私は12歳の時、髄膜炎
    という病気をし
    死に至るところまで
    来ていたので他人から
    輸血して頂きました
    その次の年から赤い
    ぶつぶつが手や足に
    出来て皮膚科に行きました
    そこで多形紅斑と診断
    されたのです
    私は太陽に当たる/
    副流煙を吸うとなります
    成人するまでには治ると
    聞かされているので
    薬と[e:376]通院、頑張り
    たいと思います[e:257]

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    輸血なんてしたことなくて、赤い発疹が痛いのは?発疹はピリピリ、発疹の周りも痛いのですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です