ソウルにいます

今週末はソウルにいます。韓国の皮膚病理組織学会が呼んでくれました。皮膚科の専門医を取るための研修と研究会を兼ねた会議です。時々ジョークも飛び交う楽しい会でした。朝早くから70例の標本をまず自分で見ておいてから検討会と教育講演が行われます。みんなまじめです。若い先生たちが一生懸命勉強する姿はいいですね。英語もみんな流暢です。おいて行かれないように頑張らないといけないと思いました。ちょうど20年前に私の勤める病院を訪問してくださった韓国の重鎮の先生ともお話しができました。20年。言い古された言葉ですが、過ぎてしまえばあっという間ですね。
今回の準備のために、若いころに勉強したいくつかの教科書の中でしばらく目を通していなかったものをもう一度読みなおしてみました。うーん。理解できるようになった部分が少し増えた感じもしますが、ちょっと自信を失った部分もありました。ついでにamazonで絶版になっている教科書を中古で何冊か仕入れました。いずれも20年以上前の出版物です。
さて、ソウルは緯度が高いので涼しいのかと思っていましたが、日本と同じように昨日と今日は暑く、初夏のようです。ただ風はとても気持ちいいです。
関連記事:アッカーマン先生と皮膚病理
ソウル_convert_20130525181043
so1
早朝の市場。散歩の途中に寄りました。
so2
働く車(バイク?)
so3
年代ものです。結構美しい。

“ソウルにいます” への 1 件のフィードバック

  1. 最近、左足小指に黒い線があるのを見つけていろいろ調べていたら、このブログにたどりつきました。
    最近まで、爪のメラノーマを知らず、爪のガンがあることを知り怖くなりました。今までいつ死んでもいいやぁとなげやりな人生でしたが、
    爪のガンかもしれないと思うと、急に死ぬのはイヤだなと強く思いました。死ぬのは怖いです。
    私にできた小指の黒い線もホクロかもしれないので、怖がらずに皮膚科に行ってみます。
    (まだ、線は1ミリほどの細い線です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です